メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

M4R

難民の故郷の味を学食で ミャンマーのうどん パキスタンのプディング 関西学院高等部で /兵庫

食事で難民を支援する活動に取り組む坂根悠介さん(左)、松永晶太さん(中央)、三木まりなさん=兵庫県西宮市上ケ原一番町の関西学院高等部で、山本未来撮影

 国連の定める「世界難民の日」の20日、関西学院高等部(西宮市上ケ原一番町)で、日本で暮らす難民の故郷の味を学食メニューに取り入れ、売り上げの一部を寄付する取り組み「Meal for Refugees(難民のための食事、M4R)」が行われた。

 M4Rは2013年、ミャンマー難民を両親にもつ関西学院大の学生(当時)の発案で始まり、現在は全国で20以上の大学などに広がっている。

 関学高等部で実施するのは2回目で、授業で国際問題を学ぶ3年の生徒約30人が企画した。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです