メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐世保市

本で調べる習慣を 図書館がコンクール開始 /長崎

百科事典を使って長崎県の米の生産量などを調べる鹿町小5年生

 小学生に本で調べる習慣をつけてもらおうと、佐世保市立図書館は今年度から「図書館を使った調べる学習コンクール」を始める。20日の市立鹿町小を皮切りに市内3校に司書らを派遣し、百科事典の引き方やテーマの立て方を指導する。前川直也館長(50)は「正確な情報は出典がしっかりした本が一番。各地の図書館の調べる機能を活用してほしい」と話している。

 公益財団法人「図書館振興財団」が主催する全国コンクールの予選の位置づけで、7月21日から9月1日まで作品を募集。テーマは自由で、利用した資料名と図書館名を明記し、B4判50ページ以内にまとめる。前川館長によると、県内では長崎市と平戸市の市立図書館が先行して募集しているが、スタッフを派遣して作品づくりを支援する取り組みは初めて。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです