東京・豊洲市場

移転問題 築地5年後めど再開発 双方に市場機能 小池知事表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で、築地市場移転について語る小池百合子都知事=東京都庁で2017年6月20日午後3時34分、竹内紀臣撮影
記者会見で、築地市場移転について語る小池百合子都知事=東京都庁で2017年6月20日午後3時34分、竹内紀臣撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事は20日、緊急記者会見を開き、築地市場(中央区)を豊洲に移転させた上で、5年後をめどに築地に市場機能を持たせて再開発する基本方針を示した。小池知事は「築地はブランド力を生かし、豊洲は総合物流拠点とする」と述べた。23日の都議選告示前に判断を示すことで、選挙戦への影響を最小限にとどめる狙いがあるとみられるが、豊洲、築地の両市場の活用法や採算性などに関する具体的な言及がない「灰色決着」となった。

 小池知事は、豊洲について市場の地下の土壌汚染対策を講じた上で「安全性を発信して風評被害を払拭(ふっしょく)する」と説明。築地から中央卸売市場の機能を移転させた上で、冷凍・冷蔵、物流、加工などの機能を強化し、ITを活用した総合物流拠点を目指すとした。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文957文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集