メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「朝起き福の神」…

[PR]

 「朝起き福の神」。めでたい文句だが、魚河岸の仲卸などで使われていた符(ふ)丁(ちょう)で「あさおきふくのかみ」の9文字で1~9の数を表す。つまり「お」は3、「の」は7で、部外者に分からぬよう用いたそうだ▲約50年前に刊行された「魚河岸百年」は、店ごとに決めていた符丁をいくつも紹介している。「たからぶねいりこむ(宝船入り込む)」「いつまでもかわらず(いつまでも変わらず)」。縁起のよい言葉に込めた魚河岸の願いである▲さて築地市場の豊洲移転問題では「よろしかるべきこと(よろしかるべき事)」をめぐって市場関係者の意見が割れた。議会各派の主張も分かれ、東京都民、いや全国民が注目するところとなった小池百合子(こいけゆりこ)都知事の「決断」である▲「築地を守り、豊洲を生かす」。その都知事の説明は何とも分かりにくいものだった。豊洲への移転を行った上で、築地にも市場機能を残して5年後に再開発するという。豊洲も新たにITを活用した物流拠点へと再整備する構想だ▲そういえばアウフヘーベン(止揚(しよう))という難しい哲学用語で市場移転問題を語っていた都知事だった。なるほどこの言葉を用いた哲学者のヘーゲルが「あれもこれも」の哲学だという批判を受けていた理由が今になってよく分かった▲国政への影響も大きそうな23日からの都議選だが、都民が審判を下すには、もっと説明のほしい都知事の市場移転構想である。それは魚河岸の願い「あきないのしやわせ(商いの幸せ)」をもたらせるのか。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

    3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

    5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです