特集

加計学園

学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡る問題をまとめました。

特集一覧

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 文科省文書 萩生田氏「総理が期限」 特区決定前発言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党都議の集会で手を上げて会場を後にする萩生田光一官房副長官=東京都葛飾区で2017年6月20日午後7時、佐々木順一撮影
自民党都議の集会で手を上げて会場を後にする萩生田光一官房副長官=東京都葛飾区で2017年6月20日午後7時、佐々木順一撮影

加計ありき鮮明

 学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画で、文部科学省は20日、安倍晋三首相側近の萩生田光一官房副長官が昨年10月、文科省に「総理は『平成30(2018)年4月開学』とおしりを切っていた」と手続きを急ぐよう求め、学園の事務局長と同省課長を引き合わせる考えを伝えていたことが記された文書を公表した。昨年11月に獣医学部新設を認める国家戦略特区での規制緩和策が決定する以前から、政府内で首相の友人が理事長を務める学校法人を学部開設の事業者とする前提で調整が進められていた疑いが強まった。

 文書は「10/21萩生田副長官ご発言概要」とのタイトルで、専門教育課の共有フォルダーで発見された。文科省によると、萩生田氏が昨年10月21日、常盤豊高等教育局長と面会した際のやり取りについての記録という。松野博一文科相は20日の記者会見で文書は同課の課長補佐が作成したと認める一方、「副長官の発言でない内容が含まれている」と述べ、文書の内容は不正確だとする見解を示した。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文873文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集