メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

不思議な橋が宿す力=中村秀明

 <sui-setsu>

 「潜水橋(せんすいきょう)」を知ったのは、30年以上前に徳島県で暮らしていたころだった。

 梅雨や台風の大雨で増水すると、人や自動車が通る部分も川に潜って、姿が見えなくなる不思議な橋だ。

 濁流とともに流れくる樹木や土砂は、橋を勢いよく越えて下流に向かい、せき止められることはない。だから洪水も起きにくい。

 身を小さくして抵抗を減らすため、欄干はなく道幅は狭い。自動車で渡ると、思わず手に汗をかく。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです