連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

不思議な橋が宿す力=中村秀明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 「潜水橋(せんすいきょう)」を知ったのは、30年以上前に徳島県で暮らしていたころだった。

 梅雨や台風の大雨で増水すると、人や自動車が通る部分も川に潜って、姿が見えなくなる不思議な橋だ。

 濁流とともに流れくる樹木や土砂は、橋を勢いよく越えて下流に向かい、せき止められることはない。だから洪水も起きにくい。

 身を小さくして抵抗を減らすため、欄干はなく道幅は狭い。自動車で渡ると、思わず手に汗をかく。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文998文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集