メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シャープ

株主総会 経営再建を評価 東証1部、月内に申請

株主総会であいさつするシャープの戴正呉社長(中央)=堺市のモニター視聴会場で2017年6月20日

 シャープは20日、堺市の本社で株主総会を開いた。昨年8月に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下となって経営再建を進め、株主からは経営陣を評価する声が上がった。批判が相次いだ昨年の総会から一変したものの液晶パネルへの多大な投資を危ぶむ声もあった。

 議長の戴正呉社長に指名された橋本仁宏常務執行役員が進行役を務め、3年ぶりの営業黒字などの成果が報告された。「1年で結果を出し随分良い会社になった。戦略を持って頑張ってほしい」などの励ましの声が上がった。鴻海主導で徹底したコスト削減などの構造改革を進め、1年前に120円台だった株価は400円前後まで上昇。…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文688文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです