特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

ひと

サキタハヂメさん=劇中音楽を手がけるのこぎり楽器奏者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

サキタハヂメさん(45)

 「ヒュウーン」。時にユーモラス、時に神聖で哀愁を帯びる、のこぎりの音色を初めて聞いたのは20歳の頃。落語家の都家歌六さん(86)が演奏するのをたまたま耳にした。昔からお笑い芸人が音楽漫才で使っているのを見ていたため、人を笑わせる道具だとばかり思っていた。「笑えるのに泣ける。衝撃でした」

 演奏用ののこぎりは「ミュージカル・ソー」と呼ばれ、楽器店で買える。バイオリンの弓で弾いたり、バチでたたいたりして音を出す。愛好者はいるが、曲げ方、弾く場所で音が微妙に変化するため、正確な演奏には長年の勘が必要だ。たちまち夢中になり、独学でマスターした。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文620文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る