メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 違法伐採木材の流通防ぐ 国際環境NGO「FoEJapan」・三柴淳一さん

 この法律の問題点は、違法の可能性が残る木材でも流通できることだ。合法性を確認できなかった木材を減らすための仕組みもない。国は違法な木材の全体量を把握し、数値目標を立てて削減することが必要だ。

 木材を取り扱うすべての事業者が対象である点は評価できる。事業者が当事者意識を持つきっかけになる。しかし、肝…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです