メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

加藤九段、引退決定 現役生活62年 通算1324勝1180敗

現役引退を懸けた対局開始を待つ加藤一二三九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年6月20日午前9時54分、和田大典撮影

 将棋界現役最年長の加藤一二三九段(77)が20日、東京・将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)に敗れ、62年10カ月に及ぶ現役生活を終えた。

 加藤九段は昨年度の名人戦順位戦でC級2組から降級となった。規定により、既に出場していた棋戦に敗れた時点で引退となり、竜王戦が最後になった。

 加藤九段は14歳7カ月で四段に昇段。昨年、藤井聡太四段(14)に抜かれるまで最年少記録を保持してい…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです