メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

シリア無人機を撃墜…政権側軍機に続き

タンフ 20日、近郊で米軍がシリア政府軍無人機を撃墜

 【ワシントン会川晴之】米国防総省は20日、米空軍機がシリア南部でアサド政権側の武装無人機を撃墜したと発表した。無人機撃墜は今月8日に続き2度目。18日には、シリア北部ラッカの近郊で米海軍機がシリア政府軍機を撃墜しており、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討を目的に空爆を続ける米軍と、シリア政府軍との緊張が高まる可能性もある。

 国防総省によると、米空軍のF15E戦闘機が20日未明、ヨルダン国境に近いシリア南部のタンフ近郊でアサド政権側のイラン製無人機を撃墜した。タンフ近郊にはIS掃討戦を進めるため、米軍がシリアの反体制派の地上部隊を訓練する拠点があり、そこに無人機が「接近してきたため」撃墜したとしている。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです