メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

加藤九段62年10カ月の現役に幕 最後の対局敗退

第30期竜王戦6組昇級者決定戦の対局で第1手を指す加藤一二三九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年6月20日午前10時、和田大典撮影

 将棋界現役最年長の加藤一二三九段(77)が20日、東京・将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)に敗れ、62年10カ月に及ぶ現役生活を終えた。

 加藤九段は昨年度の名人戦順位戦でC級2組から降級となった。規定により、既に決まっていた棋戦に敗れた時点で引退となり、竜王戦が最後になった。

 加藤九段は14歳7カ月で四段に昇段。昨年、藤井聡太四段(14)に抜かれるまで最年少記録を保持していた。20歳で名人戦の挑戦者になったが奪取できず、82年の第40期名人戦で中原誠十六世名人を4勝3敗で破り、42歳で初めて名人位を獲得した。タイトル獲得は王将1期など通算8期。通算成績は1324勝1180敗で、勝ち数は大山康晴十五世名人、羽生善治王位に次ぐ3位。今年1月、77歳0カ月で最高齢勝利記録を…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです