メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

加藤九段62年10カ月の現役に幕 最後の対局敗退

第30期竜王戦6組昇級者決定戦の対局で第1手を指す加藤一二三九段=東京都渋谷区の将棋会館で2017年6月20日午前10時、和田大典撮影

 将棋界現役最年長の加藤一二三九段(77)が20日、東京・将棋会館であった竜王戦6組昇級者決定戦で高野智史四段(23)に敗れ、62年10カ月に及ぶ現役生活を終えた。

 加藤九段は昨年度の名人戦順位戦でC級2組から降級となった。規定により、既に決まっていた棋戦に敗れた時点で引退となり、竜王戦が最後になった。

 加藤九段は14歳7カ月で四段に昇段。昨年、藤井聡太四段(14)に抜かれるまで最年少記録を保持してい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです