メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジアラビア

アニメ開放 「脱原油」日本企業と連携 新皇太子、若者支持も狙う

サウジアラビアでアニメ制作に取り組む「フラカット・プロダクション」のメンバー=同社提供

 イスラム教の厳格な習慣・戒律を重視し、娯楽が制限されてきたサウジアラビアで、日本企業と連携してサウジ発のアニメーションを作ろうとする動きが広がっている。21日に副皇太子から皇太子に昇格したムハンマド・ビン・サルマン氏(31)はアニメ好きで知られ、経済改革の一環として、娯楽の開放にかじを切ったからだ。【リヤドで三木幸治】

 5月下旬、リヤド北部にあるアニメーション会社「フラカット・プロダクション」を訪れると、事務所の壁に…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです