メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

歴史・時代小説 新人の力作、目白押し 多彩な設定、光る描写

新人・新鋭の力作がそろう歴史・時代小説=竹内紀臣撮影

 今年刊行された歴史・時代小説で、新人のデビュー作がすごいことになっている。鮮やかな歴史小説、珍しい題材の時代小説などなど。それぞれ個性的で、つい読みふけってしまう本ばかり。2017年は、記憶に残る年になるかもしれない。

 まずは佐藤巖太郎さんの『会津執権の栄誉』(文芸春秋)。伊達政宗に侵攻される会津に生きる武将たちを描く。意外な切り口、描写力が群を抜く。11年にオール読物新人賞。本書が単著デビュー作だが、早速第157回直木賞にノミネート。

 福島県出身・在住。東日本大震災を機に「やりたいことをやらなければ」と、執筆を始める。「自分の文体は軽い感じが出ず、現代ものに向かない。よく読んできたハードボイルド的なものが出せるのは歴史小説だった」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです