メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送作家たむらようこの窓辺から

「主婦」と「国民」を見下す勘違い

 テレビは社会の窓である。今回は、主婦をナメているかのような番組のお話--。

 先日、女友達が大層怒っていて驚きました。主婦層をターゲットにした午後帯の番組で「結婚しなさそうな女芸人」という企画を見かけたのだそうです。一般女性のアンケート結果と称して並ぶ、「ブス」「女を捨てている」などの悪口。「主婦は自分より不幸そうな女を見て、笑い者にして留飲を下げるんだから、っていう制作者の意図が透けて見えるようで不快」と友人は話してくれました。私はその番組を見ていないので臆測で意見することはできませんが、制作現場にいると、しばしば「主婦はバカにされているなあ」と感じることがあります。

 先日も会議で「主婦の水っぽいカレーがお店の味に」「あなたのカレーをプロが変える」という企画を見て、…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです