メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送作家たむらようこの窓辺から

「主婦」と「国民」を見下す勘違い

 テレビは社会の窓である。今回は、主婦をナメているかのような番組のお話--。

 先日、女友達が大層怒っていて驚きました。主婦層をターゲットにした午後帯の番組で「結婚しなさそうな女芸人」という企画を見かけたのだそうです。一般女性のアンケート結果と称して並ぶ、「ブス」「女を捨てている」などの悪口。「主婦は自分より不幸そうな女を見て、笑い者にして留飲を下げるんだから、っていう制作者の意図が透けて見えるようで不快」と友人は話してくれました。私はその番組を見ていないので臆測で意見することはできませんが、制作現場にいると、しばしば「主婦はバカにされているなあ」と感じることがあります。

 先日も会議で「主婦の水っぽいカレーがお店の味に」「あなたのカレーをプロが変える」という企画を見て、…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文835文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです