メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

「逃げ恥」緻密な戦略

 「たくさん楽しみを詰め込んで、視聴者がどれかを楽しんでくれたらいいと思った」。昨年ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の那須田淳プロデューサーは、今月東京都内で開かれたセミナーで振り返った。

 「逃げ恥」は社会派のラブコメディー。住み込みの家事代行の女性(新垣結衣)と、雇用主の会社員(星野源)が「契約結婚」するという設定で、「妻の家事=無償」という社…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです