メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖周航の歌

歌い継がれ100年 京大OB、24日から航路なぞる旅

「なぞり周航」の練習をする京都大ボート部OBら。奥は瀬田の唐橋=大津市の瀬田川で2017年6月11日、塚原和俊撮影

 「われは湖(うみ)の子 さすらいの」の歌い出しで知られる「琵琶湖周航の歌」が今月末で誕生100周年を迎える。旧制第三高等学校水上部(現京都大ボート部)に歌い継がれ、歌手の加藤登紀子さんらにより国民的唱歌となった。琵琶湖がある滋賀県では、24日に京大ボート部のOBらが100年前の航路をなぞる周航に出発するほか、月末にかけて、歌発祥の高島市など湖国各地で記念イベントが開かれる。

 琵琶湖周航は、創部翌年(1893年)に始まった伝統の長距離漕(そう)。歌は1917年6月28日、三…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです