メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
琵琶湖周航の歌

歌い継がれ100年 京大OB、24日から航路なぞる旅

「なぞり周航」の練習をする京都大ボート部OBら。奥は瀬田の唐橋=大津市の瀬田川で2017年6月11日、塚原和俊撮影

 「われは湖(うみ)の子 さすらいの」の歌い出しで知られる「琵琶湖周航の歌」が今月末で誕生100周年を迎える。旧制第三高等学校水上部(現京都大ボート部)に歌い継がれ、歌手の加藤登紀子さんらにより国民的唱歌となった。琵琶湖がある滋賀県では、24日に京大ボート部のOBらが100年前の航路をなぞる周航に出発するほか、月末にかけて、歌発祥の高島市など湖国各地で記念イベントが開かれる。

 琵琶湖周航は、創部翌年(1893年)に始まった伝統の長距離漕(そう)。歌は1917年6月28日、三…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文832文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです