メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/165 ライオン/27 /東京

 ライオンには弱肉強食の習性がある。乗っ取るか、乗っ取られるか、雄たちは群れの主導権をめぐって激しい争いを繰り広げる。

 ライオンは1歳になると体重が100キロにもなり、力も強くなる。3歳になると繁殖能力もつく。年の差が2、3歳もあれば、争いを起こしてしまう。年の開いた雄同士を一つの寝室で飼育することは難しい。

 多摩動物公園は1982年、ライオンの飼育頭数を抑えるために計画繁殖を始めた。実施するのは2、3年ごとなので、それに応じて年齢が開いてしまう。一つの寝室で3頭飼育できるように設計したのに、その通りにできないのが悩みのタネだった。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです