特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

大分大会 組み合わせ決まる、開会式は来月8日 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国高校野球選手権大分大会組み合わせ
全国高校野球選手権大分大会組み合わせ

シード 明豊、大分商、杵築、大分、藤蔭、柳ケ浦、国東、大分、雄城台

 第99回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が21日、大分市の県教育会館であり、45校の対戦カードが決まった。開会式は7月8日午前10時半、同市の別大興産スタジアムで開催。その後行われる1回戦2試合を皮切りに、夏の甲子園に向けた約2週間にわたる熱戦が始まる。

 抽選会では、集まった各校の主将が緊張した面持ちでくじを引き、対戦相手が決まっていった。選手宣誓も、希望した主将の中から大分東明の助安大智(すけやすたいち)主将(3年)にくじで決定。助安主将は「まさか当たるとは思わなかった。支えてくれる人に感謝の気持ちを伝えられるよう、感動してもらえるスピーチにしたい」と意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文677文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る