メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

半導体売却、優先交渉決定 東芝窮余の日米韓連合 国が関与、選択肢狭まり

 東芝は21日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、経済産業省の主導する「日米韓連合」と優先的に交渉することを決定、経営再建に向けた大きな一歩を踏み出した。だが、交渉過程には首相官邸の意向を受けた経産省が深く関与。より高い買収価格を提示した陣営は次第に買収合戦から離脱していった。国の関与で選択肢の狭まった東芝にとって、日米韓連合はいわば「窮余の策」だった。

 「技術流出防止、雇用確保など条件を満たしており、歓迎したい」。東芝が、官民ファンドの産業革新機構、…

この記事は有料記事です。

残り1856文字(全文2088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです