連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ヒアリって危険なの?=回答・五十嵐和大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
強い毒を持つ「ヒアリ」=環境省提供
強い毒を持つ「ヒアリ」=環境省提供

尻に毒針、攻撃性強く 米国で死亡例

 なるほドリ 「ヒアリ」っていうアリが初めて日本で見つかったと聞いたけれど、危険なの?

 記者 ヒアリは強い毒(どく)を持つアリ科の昆虫(こんちゅう)で、お尻(しり)の毒針(ばり)で刺(さ)されると死に至る恐れもあります。元々日本には生息(せいそく)しない外来種(がいらいしゅ)ですが、5月に中国広東省から神戸港へ貨物船(かもつせん)で運ばれたコンテナの中から数百匹、今月16日には神戸港のコンテナヤードの地面で約100匹がそれぞれ見つかり、いずれも駆除(くじょ)しました。見つかったのはいずれも働きアリですが、卵(たまご)を産(う)む女王アリが定着すれば、急速に繁殖(はんしょく)して人への被害が心配されます。環境省(かんきょうしょう)や国土交通(こくどこうつう)省などは、ほかにも上陸していないか、全国の港で調査を始めました。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文977文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集