メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

対EU強硬姿勢封印 施政方針「特別な関係深める」

 【ロンドン矢野純一】英議会が21日に開会した。エリザベス女王が演説で政府の施政方針を示し、欧州連合(EU)からの離脱交渉を最優先課題とする一方、「EUと特別な関係を深める」と良好な関係を維持することを強調した。ただ、8日の総選挙で与党保守党が過半数割れしたメイ政権の基盤は不安定で、「年内に党首選」との観測も出ている。

 女王の演説は政権の施政方針を代読する形で毎年、新年度議会の開会時に行われる。演説では「離脱交渉で最…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです