新潟・柏崎刈羽原発

委員長が調査へ 原子力規制委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は21日、再稼働の前提となる安全審査中の東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)6、7号機について、近く自らが現地調査して東電の担当者らに安全に対する考え方を聴取する意向を明らかにした。委員長が原発の審査の過程で現地調査するのは初めてで、東電の組織体質を自ら確認して合否の判断…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集