メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ひと

羽賀涼子さん=NPO法人「わたしのがんnet」共同代表に就いた

羽賀涼子(はが・りょうこ)さん(46)

 すらりとして華奢(きゃしゃ)に見えるが、芯は頑丈だ。弱音は吐かない。

 高校1年生で急性リンパ性白血病になり、兄からの骨髄移植を受けてこの夏で30年。全身への放射線照射と大量の抗がん剤による治療は強力だった。周囲は「出産は無理」と憂えたが、「ここで逃げたら一生できなくなる」と、1994年1月、男児を産んだ。当時、日本初。3年後にも男児を授かった。

 小児がんの子どものためのキャンプで99年、教師だった延(のぶ)哲也さんに出会った。中学の時、急性骨…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文656文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです