メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

羽賀涼子さん=NPO法人「わたしのがんnet」共同代表に就いた

羽賀涼子(はが・りょうこ)さん(46)

 すらりとして華奢(きゃしゃ)に見えるが、芯は頑丈だ。弱音は吐かない。

 高校1年生で急性リンパ性白血病になり、兄からの骨髄移植を受けてこの夏で30年。全身への放射線照射と大量の抗がん剤による治療は強力だった。周囲は「出産は無理」と憂えたが、「ここで逃げたら一生できなくなる」と、1994年1月、男児を産んだ。当時、日本初。3年後にも男児を授かった。

 小児がんの子どものためのキャンプで99年、教師だった延(のぶ)哲也さんに出会った。中学の時、急性骨…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです