不妊治療

「ミトコンドリア卵子移植で出産」 大阪の施設発表 安全性に懸念も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 母親本人の卵巣から採取したミトコンドリアを卵子に自家移植する新たな手法で、女性4人から5人の健康な子どもが生まれたと、大阪市の不妊治療施設が21日発表した。だが、施設側は、ミトコンドリアの移植と妊娠・出産との因果関係などの詳細については「説明できない」としており、専門家からは、効果や安全性への疑問の声が上がっている。

 この手法は患者の卵巣から、細胞の中でエネルギーを作るミトコンドリアを採取し、体外受精の際に卵子に精子と共に注入するもの。米国企業を中心に開発された手法で、一部では「卵子若返り」とも呼ばれる。国内での出産報告は初めて。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集