メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

新テスト、全国一斉を要請へ 英語民間試験で 文科省

 文部科学省が、大学入試センター試験に代えて2020年度に始める新テスト「大学入学共通テスト(仮称)」の英語で活用する民間試験の実施団体に対し、受験料を抑えるため、使用料がかからない公立高校を会場に利用するよう要請する見通しとなった。

 全国の受験生が公平な環境で受けられるよう全都道府県で一斉に実施することも求める方向だ。ただし、候補になっている試験は8種類あり、実施団体が一律に対応できるかは不透明だ。

 文科省は、学習指導要領に対応した民間試験を「認定試験」とし、各実施団体に、大学受験のための試験を社会人など一般とは別枠で実施してもらうことを想定している。センター試験は1月の1回だが、高校3年の4~12月に2回まで受験できるようにする。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです