メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

老朽化苦しむ大学研究炉 国内全3基運転再開へ、原子力の担い手不足も懸念

 国内の大学にある研究用原子炉3基が近く、全て運転再開する見通しとなった。しかし施設の老朽化に加え、核燃料の確保も不安が残っており、存続を危ぶむ声もある。東京電力福島第1原発事故の廃炉作業などを抱える中、原子力分野の担い手不足も懸念される。【鳥井真平】

 ●全国で大阪だけ

 「原子炉を起動しました」。2014年2月の定期検査から停止していた近畿大原子力研究所(東大阪市)の原子炉が4月12日、学生の掛け声とともに運転再開した。安全対策の強化を求める新規制基準が適用され、原子力規制委員会の安全審査をパスし、運転再開するまでに3年2カ月かかった。起動から約1時間後、核分裂が安定する臨界状態に達すると、制御室で拍手が起こった。「ここまで来るのは長かった」。伊藤哲夫所長が感慨深そうに語った。

 国内の研究炉は、日本原子力研究開発機構などを含めて14基。このうち、大学の研究炉は近大のほか、21…

この記事は有料記事です。

残り1367文字(全文1760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです