メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学スポーツ新時代

走り出す日本版NCAA/3 ビジネス化へ手探り ブランド展開で一体感

誇らしげに統一カラーのユニホームをまとう筑波大の各クラブの選手たち=田原和宏撮影

 軽快な音楽とともに「つくばブルー」のユニホームをまとった選手が姿を見せた。昨年11月に東京都内で行われた筑波大とスポーツ用品メーカー「ドーム」の包括的パートナーシップ協定の締結発表の光景だ。野球部、ラグビー部、女子バスケットボール部など8クラブの選手たちは「体育会の結束力を感じる」と誇らしげだった。

 日本版NCAA(全米大学体育協会)創設の検討を始めた国と並行して、米国をモデルにしたビジネス化を模索する大学も出てきた。大学がスポーツブランドと協定を結ぶのは2002年のアディダスと早大が先駆けだが、国立大では筑波大が初めての試み。昨年4月に関東学院大、今年4月には近大がドーム社と契約を結んだ。

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです