陸上

日本選手権 あす開幕 4強激突 男子100メートル、挑む初の9秒台

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=山崎一輝撮影
=山崎一輝撮影

絶対本命・桐生、勝負強さ・ケンブリッジ、復調間近・山県、伸び盛り・多田

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねた日本選手権が23~25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われる。注目は23日に予選と準決勝、24日に決勝がある男子100メートル。リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの桐生祥秀(東洋大)、山県亮太(セイコーホールディングス)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)に加え、多田修平(関学大)が参加標準記録(10秒12)を突破しており、今季初めてそろい踏みした4人が日本一と日本勢初の「9秒台」を目指す。

 優勝争いの本命は桐生だ。シーズン序盤から向かい風でも10秒0台を連発。昨秋から本格的に始めた筋力トレーニングの効果が出ており、「進化している」と自信を示す。3位に終わって号泣した前回の雪辱を期す。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文941文字)

あわせて読みたい

注目の特集