メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加計問題

公明代表「説明責任を果たして」

公明党の山口那津男代表=川田雅浩撮影

 民進、共産、自由、社民4党は22日午後、学校法人「加計(かけ)学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画を巡る問題を解明するため、憲法53条に基づき臨時国会を召集するよう政府に求める。安倍晋三首相が19日の記者会見で「今後も分かりやすく説明する」と述べたことを踏まえ、23日告示の東京都議選をにらんで安倍政権を揺さぶる構えだ。

 野党4党の幹事長・書記局長は22日午後、国会内で会談し、こうした方針を確認。同日中に衆参両院議長あてに要求書を提出する。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  2. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「経済的にしんどかった」 40万円着服容疑で津市職員を告訴 三重

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです