自民

「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊田真由子衆院議員
豊田真由子衆院議員

秘書への暴力を週刊誌報道

 自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=は22日、週刊誌報道で政策秘書(当時)への暴行が発覚したことを受け、「党に迷惑をかけた」などとして党に離党届を提出した。党本部は受理する方針だ。

 22日発売の週刊新潮によると、豊田氏は5月、男性政策秘書を殴るなどして打撲などのけがをさせた。同誌は豊田氏が秘書に浴びせた「死ねば。生きる価値がない」などとの暴言を録音したテープの存在も明らかにしている。

 党幹部によると、豊田氏は事実関係を認めているという。党幹部らは22日、断続的に対応を協議した。録音テープが繰り返しテレビ番組などで流されれば、党のイメージダウンは避けられないと判断。豊田氏に離党を促すことを決め、党幹部が本人に連絡を取った。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文702文字)

あわせて読みたい

注目の特集