米大統領

テロ資金援助遮断でサウジと一致

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は21日、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン新皇太子に電話し祝意を伝えた。ホワイトハウスの発表によると、両者はテロとの戦いを進めるため、テロ組織や過激派に対する資金援助を遮断することが重要との認識で一致した。

 またサウジやエジプトが今月5日、テロ資金援助を理由に断交に踏み切ったカタール問題についても協議。早期解決に向…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集