暴言

女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 松山市立清水小学校の女性教諭が今年4月、5年児童に「私が担任だったらぶち殺す」などと暴言を吐いていたことが21日、市教委への取材で分かった。女性教諭は不適切な発言だったと認め、児童に謝罪。5月の学級PTAでは校長と担任教諭が保護者に経緯などを説明し、謝罪した。

 暴言を受けて同校が5年児童全員から聞き…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文371文字)

あわせて読みたい

注目の特集