メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗NMDA受容体脳炎

絆を求めて~6.25初の患者交流会(4)「あわてず、冷静に、粘り強く」

 意識が戻っても本当の回復には長い時間がかかる。それが悪魔払いされてきた病「抗NMDA受容体脳炎」の特徴でもある。大学生時代に発症し1年半入院生活を送った後、4年かけて今春社会人生活をスタートさせた女性がいる。「必ず治る病」だけに、「あわてず、冷静に、粘り強く」(父親)周囲が見守っていくことが大切と言えそうだ。連載4回目はこの女性の復活を紹介する。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです