メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗NMDA受容体脳炎

絆を求めて~6.25初の患者交流会(4)「あわてず、冷静に、粘り強く」

 意識が戻っても本当の回復には長い時間がかかる。それが悪魔払いされてきた病「抗NMDA受容体脳炎」の特徴でもある。大学生時代に発症し1年半入院生活を送った後、4年かけて今春社会人生活をスタートさせた女性がいる。「必ず治る病」だけに、「あわてず、冷静に、粘り強く」(父親)周囲が見守っていくことが大切と言えそうだ。連載4回目はこの女性の復活を紹介する。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り2347文字(全文2528文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです