メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウ

ひな2羽誕生 残り1個はふ化前に死ぬ 長野

 長野県の大町市教育委員会は21日、国の特別天然記念物ニホンライチョウのひな2羽が、市立大町山岳博物館でふ化したと発表した。15日に上野動物園(東京都)から受け入れたライチョウの卵3個のうち2個から生まれた。残りの卵1個については、ふ化する前に死んでしまう「死籠もり」と判断した。

 市教委によると、2羽は午前1~3時ごろに誕生した。ともに体長は約6.5センチで、体重は16.9グラムと17.0グラム。ふ卵器の中で「ピ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです