スマートニュース

「うそ」情報をデータベース化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ネット上の偽情報のデータベースを開発すると発表したスマートニュースの藤村厚夫執行役員=東京都千代田区で2017年6月21日、尾村洋介撮影
ネット上の偽情報のデータベースを開発すると発表したスマートニュースの藤村厚夫執行役員=東京都千代田区で2017年6月21日、尾村洋介撮影

 スマートフォン向けのニュースアプリを運営する「スマートニュース」社の藤村厚夫執行役員は21日、真偽が不確かで「うそ」の可能性が高い情報を集めた「フェイクニュースのデータベース」を構築する考えを明らかにした。

 国内では初の試み。藤村氏は同日、ファクトチェック連合組織「ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン(FIJ)」設立の記者会見に発起人の一人として出席。「フェイクニュース(偽ニュース)には拡散する力がある。技術で対抗したい」と述べ、フェイクニュース対策でテクノロジーの果たす役割の重要性を強調した。

 スマートニュースが開発する「フェイクニュースのデータベース」は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)から幅広く情報を収集して「偽情報」の端緒をつかんでファクトチェックの対象を抽出する役目を担い、FIJの活動と連携して国内ファクトチェッカーを支援する。仕組みはこうだ。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文979文字)

あわせて読みたい

ニュース特集