メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマートニュース

「うそ」情報をデータベース化

ネット上の偽情報のデータベースを開発すると発表したスマートニュースの藤村厚夫執行役員=東京都千代田区で2017年6月21日、尾村洋介撮影

 スマートフォン向けのニュースアプリを運営する「スマートニュース」社の藤村厚夫執行役員は21日、真偽が不確かで「うそ」の可能性が高い情報を集めた「フェイクニュースのデータベース」を構築する考えを明らかにした。

 国内では初の試み。藤村氏は同日、ファクトチェック連合組織「ファクトチェック・イニシアティブ・ジャパン(FIJ)」設立の記者会見に発起人の一人として出席。「フェイクニュース(偽ニュース)には拡散する力がある。技術で対抗したい」と述べ、フェイクニュース対策でテクノロジーの果たす役割の重要性を強調した。

 スマートニュースが開発する「フェイクニュースのデータベース」は、SNS(ソーシャル・ネットワーキン…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです