メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自

90式戦車が横転 車長が死亡 北海道で演習中

横転したものと同型の90式戦車=陸上自衛隊北部方面総監部提供

 21日午前9時20分ごろ、陸上自衛隊北海道大演習場千歳・恵庭地区(千歳市、恵庭市)で、戦闘訓練中の第7師団第73戦車連隊(恵庭市)の90式戦車(全長約9.8メートル、重さ約50トン)が横転する事故があり、30代の男性2等陸曹が戦車と地面に挟まれ、病院に搬送されたが死亡した。同じ戦車に同乗の他の隊員3人にけがはなかった。

     陸自北部方面総監部(札幌市)によると、戦車は走行中に横転して裏返しとなった。2等陸曹は「車長」と呼ばれ戦車を指揮する役割で、戦車の砲塔部に乗っていた可能性が高いという。当時は戦車20両程度が参加し、敵味方に分かれて訓練していた。

     北部方面隊では、このような事故で死者が出るのは初めて。22日の訓練は中止する。

     陸自が詳しい状況や事故原因を調べている。田浦正人第7師団長は「痛恨の極み。事故原因を究明し、再発防止を図る」とコメントを出した。【真貝恒平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
    4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです