メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緩和ケア

循環器病も提供体制を議論 厚労省

 主にがん患者を対象に進められてきた体や心の痛みを和らげる緩和ケアについて、厚生労働省の検討会は21日、心臓病、脳卒中など循環器の病気についても提供体制を議論していくことを決めた。検討会に専門家によるワーキンググループを設置し、方向性をまとめる。

     緩和ケアは、がんの治療と並行し、医療用麻薬などを使って患者の体の痛みを抑えたり、心の苦痛を和らげたりするが、がん以外の領域では取り組みが遅れており、検討会でも「病気を問わず提供されるべきだ」との指摘が出ていた。

     同省はまず、法制化の議論が進んでいる循環器の病気について検討する方針。ワーキンググループでは、循環器疾患での緩和ケアの現状や課題を把握し、提供体制のあり方を議論する。緩和ケアについては、がん以外の学会でも関心が高まっており、議論が行われている。【下桐実雅子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北陸大雪 あわら温泉旅館 キャンセル2695件
    2. ORICON NEWS 安室奈美恵、ソロ最多80万人動員ラストツアー開幕 25年の歴史凝縮の30曲
    3. 火事 キャンプ場でテント全焼 中に男性遺体 福岡・篠栗
    4. 五輪フィギュア 羽生、目標は「4回転半」 一夜明け会見
    5. ORICON NEWS 木村拓哉・山口智子、『ロンバケ』以来22年ぶり再共演に喜びのハグ 『BG』で元夫婦役

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]