メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホッケー

男女日本代表の2監督「目標はメダル獲得」

ホッケー日本代表女子のファリー監督(左)と、男子のアイクマン監督=東京都の岸記念体育会館で2017年6月21日午後3時30分、岸本悠撮影

 2020年東京五輪に向けてホッケー日本代表の監督に就任した男子のシギ・アイクマン氏(58)=オランダ=と、女子のアンソニー・ファリー氏(43)=オーストラリア=が21日、東京都内で記者会見し、ともに目標としてメダル獲得を掲げた。

     09~11年にも日本代表監督を務めていたアイクマン氏は「前回は五輪出場という夢を果たせなかった。『武士道』の精神で、良いチームを作りたい」と決意表明した。

     ファリー氏は16年リオデジャネイロ五輪ではカナダ男子を五輪初出場に導いた実績を評価された。「五輪開催国の指揮を執るのは重圧だが、良い選手がいる。できれば金メダルを獲得したい」と力強かった。【岸本悠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 鳥取砂丘、1万5000人埋め尽くす
    2. 自民・竹下氏 「言わなきゃ良かった」同性パートナー発言
    3. 在外被爆者訴訟 国が一転、和解拒否 「請求権消滅」
    4. エジプト 死者235人、109人が負傷 モスクテロ
    5. 保育無償化 首相「すべての子供たちに」はウソだった?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]