メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

山口・岩国市長、受け入れ表明 神奈川・厚木から米艦載機部隊

 米軍再編に伴う厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県岩国市)への米空母艦載機部隊の移転計画に対し、岩国市の福田良彦市長は23日、市議会最終日の本会議で「北朝鮮の弾道ミサイルの発射事案などの情勢を考えれば、日米同盟の結束がこれまで以上に重要だ」などと述べ、移転受け入れを表明した。山口県の村岡嗣政(つぐまさ)知事も地元の意向を追認して今月内にも容認する見通しで、艦載機部隊の移転は早ければ7月中にも始まることとなる。

 移転計画を巡っては、県と岩国市、和木、周防大島両町の基地周辺3市町が移転受け入れの見返りに、地域振興につながる財政支援を国に求めていた。国は今月20日、山口県だけに交付している再編関連特別事業費について期限延長と拡充する考えを県に伝えており福田市長の判断を後押ししたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです