メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 18歳未満避難1万8910人 初の2万人割れ、復興住宅整備で /福島

 県は、東日本大震災と福島第1原発事故による18歳未満の子どもの避難者数が4月1日時点で、1万8910人と発表した。前回調査時(2016年10月1日)より1520人減った。2万人を下回ったのは初めて。県は、今春に原発事故の避難指示が多くの地域で解除されたり、災害公営住宅(復興住宅)の整備が進んだりしたことが要因と分析している。

 県によると、調査は2012年4月から半年ごとに実施。調査時点で18歳以上になった場合は含めず、避難先で生まれた子どもは加えている。避難者は12年10月(3万968人)をピークに減少を続けている。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福島第1原発 2、3号機の格納容器上部で約2~4京ベクレル 原子力規制委調査

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです