メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はちおうじ子ども食堂

ケニア教育者と交流会 子ども食堂運営の学生ら、貧困と支援考える あす八王子で /東京

交流会を企画した「はちおうじ子ども食堂」の六車さん(左)と「パン・アフリカン友好会」のメンバー=八王子市で

 大学生を中心に運営し、地域の子どもたちの居場所作りなどに取り組む八王子市の「はちおうじ子ども食堂」が24日、ケニアの首都ナイロビのスラム街で学校を主宰する早川千晶さん(50)らを招いた交流会を開く。アフリカ音楽を楽しみながら、子どもの貧困問題や支援のあり方を考えていくという。

 早川さんはケニア在住28年。運営する「マゴソスクール」はストリートチルドレンや虐待を受けた子どもたちの駆け込み寺の役割を担い、500人以上に勉強や洋裁、大工仕事などを教えている。

 今回、現地の校長らと来日する早川さんが「日本で増えている子ども食堂の様子を知りたい」と希望し、交流…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです