メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はちおうじ子ども食堂

ケニア教育者と交流会 子ども食堂運営の学生ら、貧困と支援考える あす八王子で /東京

交流会を企画した「はちおうじ子ども食堂」の六車さん(左)と「パン・アフリカン友好会」のメンバー=八王子市で

 大学生を中心に運営し、地域の子どもたちの居場所作りなどに取り組む八王子市の「はちおうじ子ども食堂」が24日、ケニアの首都ナイロビのスラム街で学校を主宰する早川千晶さん(50)らを招いた交流会を開く。アフリカ音楽を楽しみながら、子どもの貧困問題や支援のあり方を考えていくという。

 早川さんはケニア在住28年。運営する「マゴソスクール」はストリートチルドレンや虐待を受けた子どもたちの駆け込み寺の役割を担い、500人以上に勉強や洋裁、大工仕事などを教えている。

 今回、現地の校長らと来日する早川さんが「日本で増えている子ども食堂の様子を知りたい」と希望し、交流会が実現した。会ではそれぞれの活動を紹介するとともに、音楽ライブや物販で交流を図る。食堂をよく利用する子どもたちにも参加を呼び掛ける。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです