メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第5次厚木基地騒音訴訟

原告7000人、8月提訴へ /神奈川

原告募集状況などについて語る第5次厚木基地騒音訴訟実行委員会の大波委員長(中央)ら=大和市内で

 米海軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(綾瀬市、大和市)の航空機騒音被害を巡る厚木基地騒音訴訟について、第5次訴訟実行委員会は22日、これまでに約6800人が訴訟への参加を申し込み、8月上旬に原告約7000人で横浜地裁へ提訴を目指すと発表した。実行委は7月22日、原告団結団式を大和市保健福祉センター(同市鶴間)で開く。

 第5次訴訟は、第4次訴訟と同様、騒音被害に対する損害賠償に加え、飛行の差し止めを行政訴訟と民事訴訟の2本立てで争う。原告の参加申し込みは第4次訴訟を上回る勢いといい、実行委は「秋ごろに予定する2次提訴を含め、最終的に1万人以上の原告団を目指す」としている。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです