舞鶴の女子中生転落

第三者委設置へ 市教委「いじめの可能性も」 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 舞鶴市の市立青葉中学で女子生徒が校舎3階から落ちて重傷を負った問題で、舞鶴市教委は22日、「女子生徒は自ら落ちた模様」と発表した。また、女子生徒の2年生の教室には自筆とみられるノートが残されており、いじめの可能性も高くなったとして、近く第三者を加えた調査委員会を設置することを明らかにした。

 佐藤裕之教育長、瀬川治・教育振興部長、森下敏宏・学校教育課長らが記者会見。調査の結果、転落した窓のそばに女子生徒の…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

あわせて読みたい

ニュース特集