メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路ゆかたまつり

浴衣の1万2000人、城下彩る /兵庫

「姫路ゆかたまつり」で姫路城を背に浴衣姿で歩く子どもたち=兵庫県姫路市で、小関勉撮影

 姫路の夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(姫路ゆかたまつり振興協議会主催)が22日、市中心部の長壁神社や商店街で始まり、子供や家族連れといった浴衣姿の人たちなど約1万2000人でにぎわった。24日まで。

 ゆかたまつりは江戸時代中期、城主の榊原政岑(まさみね)が越後高田(新潟県)へ移る際に姫路に行事を残そうと開催し、急なことで参加者は式服を準備できずに浴衣を着たことが起源とされる。

 この日の夕、姫路市塩町の城南公園で開かれたオープニングセレモニーでは、姫路ゆかたまつり振興協議会の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです