メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路ゆかたまつり

浴衣の1万2000人、城下彩る /兵庫

「姫路ゆかたまつり」で姫路城を背に浴衣姿で歩く子どもたち=兵庫県姫路市で、小関勉撮影

 姫路の夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(姫路ゆかたまつり振興協議会主催)が22日、市中心部の長壁神社や商店街で始まり、子供や家族連れといった浴衣姿の人たちなど約1万2000人でにぎわった。24日まで。

 ゆかたまつりは江戸時代中期、城主の榊原政岑(まさみね)が越後高田(新潟県)へ移る際に姫路に行事を残そうと開催し、急なことで参加者は式服を準備できずに浴衣を着たことが起源とされる。

 この日の夕、姫路市塩町の城南公園で開かれたオープニングセレモニーでは、姫路ゆかたまつり振興協議会の…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文512文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]