メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路ゆかたまつり

浴衣の1万2000人、城下彩る /兵庫

「姫路ゆかたまつり」で姫路城を背に浴衣姿で歩く子どもたち=兵庫県姫路市で、小関勉撮影

 姫路の夏の風物詩「姫路ゆかたまつり」(姫路ゆかたまつり振興協議会主催)が22日、市中心部の長壁神社や商店街で始まり、子供や家族連れといった浴衣姿の人たちなど約1万2000人でにぎわった。24日まで。

 ゆかたまつりは江戸時代中期、城主の榊原政岑(まさみね)が越後高田(新潟県)へ移る際に姫路に行事を残そうと開催し、急なことで参加者は式服を準備できずに浴衣を着たことが起源とされる。

 この日の夕、姫路市塩町の城南公園で開かれたオープニングセレモニーでは、姫路ゆかたまつり振興協議会の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです