メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU市民の権利保障 首相、離脱巡り表明 首脳会議

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は22日、英国との離脱交渉開始から初めての首脳会議をブリュッセルで開いた。英国のメイ首相は、英国に暮らすEU加盟国出身者の権利保障についての基本的な考えを加盟国首脳に説明する。また欧州統合推進を掲げるフランスのマクロン大統領が初参加。残る27加盟国で在英のEU機関移転など英離脱を見据えた協議を進める。

 離脱交渉では、市民の権利保障は英EU共に「最重要」と位置付け、難航が予想される交渉でも意見の隔たり…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです