メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

厚労省、全国に第三者機関設置へ 子どもの権利、侵害監視

施設内で暴力を受け、抑うつ症状などが出たと記された医師の診断書などを手にする男性=熊本県内で(画像の一部を加工しています)

 児童養護施設や里親、支援が必要な家庭の子どもが自身の処遇など行政対応に疑問や不満を持った時、相談を受け付けて調査する第三者機関を全国に設置する方針を、厚生労働省が固めた。年度内にも一部で先行研究を始め、全都道府県に広げるためのガイドラインを整備する。日本はこうした子どもの権利を守るための監視機関設置を国連の委員会から何度も求められており、ようやく重い腰を上げた形だ。【黒田阿紗子】

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 漫画で解説 日本の銃事情の巻
  5. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです