メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

自民・豊田氏のパワハラ これが国会議員かと驚く

 自らの立場を利用したすさまじいパワハラ行為である。

     豊田真由子衆院議員(42)が秘書に暴力を振るい、暴言を浴びせた責任を取り自民党に離党届を出した。

     テープから流れてくるのは、聞くに堪えない罵声だった。「死ねば。生きる価値がない」等々、国会議員としてというより、一社会人として問題だ。私たちは、こんな人が議員をしている深刻な現状をまず厳しく認識すべきだろう。

     先日辞めたという豊田氏の秘書が録音テープを「週刊新潮」に提供し、同誌が報じたものだ。それによれば、この秘書はハンガーでたたかれるといった暴行も受けたという。

     確かに日本の政界では議員と秘書の間の明確な上下関係が今も目立つ。だが、民間企業でもパワハラに対する目は厳しくなっている。当然の社会の流れである。

     ところがそれをまるで知らないかのような振るまいだ。厚生労働省の官僚出身で、社会的弱者への視点が不可欠な社会保障政策を主なテーマとしている議員とは思えない。

     今回、自民党が豊田氏の処分を急いだ理由は明白だ。「加計学園」問題などにより、ただでさえ安倍晋三内閣の支持率は急落している。東京都議選を控え、さらなる悪影響を最小限に抑えるためだろう。

     ただし何度も見てきた光景だ。

     豊田氏は自民党が政権を奪還した2012年の衆院選で初当選し、現在2期目だ。大量に当選した自民党の同期議員には、金銭トラブルで離党した武藤貴也氏、不倫疑惑で議員辞職した宮崎謙介氏、女性問題で離党した中川俊直氏らがいる。

     ほかにも失言や不祥事で批判を受けた議員は多く、かねて「自民党の2012年問題」と言われてきたほどだ。きちんと候補者選びをしてきたのかやはり疑問が募る。

     加えて豊田氏らは2度当選したことで「当選したのは自分の力だ」といったおごりが生まれたのかもしれない。もはや組織的な問題ととらえるべきで、党として若手議員の再教育を本格的に実施すべきだろう。

     安倍政権では最近、問題を起こした閣僚らへの対応が総じて甘くなっている。これがモラルの低下を招いているのだとすれば、考え直す必要がある。

    コメント

    投稿について

    読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

    ※ 本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して毎日新聞社は一切の責任を負いません。また、投稿は利用規約に同意したものとみなします。

    利用規約

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
    2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
    3. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
    4. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
    5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです