陸上

日本選手権 きょう開幕 今度こそ9秒台 激戦の男子100メートル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねた日本選手権(23~25日)の前日記者会見が22日、会場の大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。23日に予選と準決勝、24日に決勝がある男子100メートルに出場する桐生祥秀(東洋大)は「大きな舞台でベストの走りをし、9秒台を出したい気持ちがある」と意気込みを語った。

 桐生は今月上旬の欧州遠征から帰国後、疲労を抜きつつ調整を続けてきた。トップスピードに乗るのが早く中盤に強いが、昨年は3位に終わりレース後に泣きじゃくった。「今年は後半も前半も自信がある」と雪辱に向けて力を込めた。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集