メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学スポーツ新時代

走り出す日本版NCAA/4 学生主体の箱根駅伝 運営、折衝も教育

青学大の3連覇で幕を閉じた今年の箱根駅伝。テレビ放映で人気を集めているが、大会運営は学生の手に委ねられている=内藤絵美撮影

 今年正月の箱根駅伝で青学大のアンカーが東京・大手町のフィニッシュに飛び込み、3連覇を果たすと沿道の大観衆が沸いた。毎年、1月2日と3日のテレビ放映が平均視聴率20%台後半をたたき出す新春の風物詩だ。スポーツビジネスと結びつければ、ドル箱となる大会だが、最近はすっかり見慣れたスポンサーの名前が入ったボードが優勝会見に臨む選手たちの背後にはない。箱根駅伝の主催は関東学生陸上競技連盟で、学生自身が大会を運営しているからだ。

 テレビ中継の目的はビジネスでなく、大会を多くの人に見てもらうこと。放映権料や企業協賛金はあえて運営…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです